Africa Tech News vol.1

ICT立国として知られるルワンダをはじめ、アフリカでもデジタル化の勢いはとどまることを知りません。


しかし、日本のビジネスパーソンにとってアフリカのテック市場に関する

ニュースに触れる機会はほとんどなく、情報を得る事が難しいかもしれません。


そこで、今回はアフリカ主要メディアでも取り上げられたホットなトピックを抜粋してご紹介いたします。



1. Ambulance hailing app helped keep Nairobi attack fatalities low

https://www.africanews.com/2019/02/05/ambulance-hailing-app-helped-keep-nairobi-attack-fatalities-low/


<要約>
アフリカでは救急患者の搬送などが仕組みとして整っていないことが多く、日本のように119番に当たるような番号も存在しない。

そんな中で、Rescue.coというスタートアップはアプリを使って私立病院の救急車を効果的に現場へ向かわせる仕組みを提供している。




2. Award-winning app boosts farmers in South Africa

https://www.africanews.com/2018/11/07/award-winning-app-boosts-farmers-in-south-africa/


<要約>

Khulaという南アフリカのアプリは農家とスーパーマーケットなどのマッチングを行うアプリで、スモールサイズの農家等が卸先を発見するのに役立っている。




3. Rwanda’s first robotics boot camp

http://www.africanews.com/2018/01/29/rwanda-s-first-robotics-boot-camp/


<要約>

ルワンダで初のロボットのブートキャンプが開催され、20の学校から40人の優秀な生徒たちが集まった。

このイベントはバンクオブキガリとパブリックプライベートパートナシップを結ぶMITの学生たちにより開催された。




4. Google outdoors Africa’s first free Wi-Fi hotspot in Nigeria

https://www.africanews.com/2018/07/26/google-outdoors-africa-s-first-free-wi-fi-hotspot-in-nigeria/


<要約>

Googleはアフリカで最も人口の多いナイジェリアでの存在感を高めるために、市内の数か所にフリーWi-Fiスポットを作ると発表した。

ナイジェリアではインターネットの利用が進んでおらず、人口の3割弱しかインターネットを利用していない。




5. Kenya’s William Ruto launches first Microsoft software testing centre in Africa

https://www.africanews.com/2018/05/05/kenya-s-william-ruto-launches-first-microsoft-software-testing-centre-in-africa/


<要約>

マイクロソフトはケニアにソフトウェアのテストセンターをローンチさせ、同社の知識や経験をアフリカの若いエンジニアたちに移していくことを計画している。




6. Uganda’s ‘Wulira’ App for hearing impaired patients

https://www.africanews.com/2018/12/22/uganda-s-wulira-app-for-hearing-impaired-patients//


<要約>

ウガンダのWuliraというアプリは患者の聴覚をチェックすることができるアプリだ。アプリを起動すると125herz~8,000herzの周波数、0~100デシベルの振れ幅の音を出し、

ユーザーはそれが聴こえたかに反応する。そして、その結果が耳鼻科医に送られるようになっている。




7. Kenya to use Google’s balloons for rural internet

https://www.africanews.com/2018/07/05/kenya-to-use-google-s-balloons-for-rural-internet//


<要約>

Googleで知られるアルファベットは高速インターネトを配信する巨大な風船を飛ばし、ケニアの田舎にも通信を届ける計画を発表した。

同様の技術は昨年のプエルトリコのハリケーンの際にも活用されており、250,000人もの人にネット環境を届けた。




8. Robotics and coding ignite South African township

https://www.africanews.com/2018/11/16/robotics-and-coding-ignite-south-african-township/


<要約>

南アフリカの小学校にはコンピューターコーディングクラブを設置している学校もあり、そのようなクラブでは生徒たちがプログラミングしたロボットを戦わせて遊んでいる。

南アフリカの教育省もこのような動きを歓迎しており、支援すると発表している。