【第4回】インターンを終えて~つっちーのインターンブログ~

皆さんこんにちは。つっちーです。

今回で僕のブログは最終回となります。
最後のブログはこの2ヶ月で学んだことを書いて締めようかと思います。

思い返せば、このインターンに行くと決めたのは3ヶ月前のお正月でした。
「せっかくの大学生活、何か面白いことをしたい。」
確かそんな事を帰省した友達と話していました。
そこから、叔父が言っていたルワンダで会計士をしてる人の話を思い出し、友達に話したら、大いに盛り上がり、勢いのままメールを送りました。(笑)
今思うと、初めての海外、初めてのインターンで、未成年の大学1年生。英語だってろくに話せない僕を笠井さんはよく受け入れてくださったなぁと思います。(笑)
そしてKisekiに派遣され、マネージャーとしてKisekiで働く中で、本当に多くのことを学ばせていただきました。
他のインターン生とは違う職場に1人で行くことになりましたが、1人が好きな自分には絶好の環境でした。
時々やってくる旅人の自分とは全く異なる考え方に驚かされたりはしましたが、それもまたいい経験となりました。
それに、マネージャーという立場の仕事を1人で経験したということは自分にとって大きな自信となり、自分で考える力がつきました。
マネージャーといっても直接スタッフ達を動かす訳ではなく、僕の仕事は彼らがスムーズに仕事をこなせるような仕組みを作ることでした。
自分の作った仕組みのもと、彼らが働くのをこっそり裏方から見て、上手くいった時にこっそりガッツポーズするのがたまらなく楽しかったです。
こうしたことからも、自分は積極的にコミュニケーションをとって人をまとめたり、営業したりする仕事よりは、パソコンや数字と向かい合う経理やエンジニアに近い仕事の方が好きで、向いているのかなぁと気づくこともできました。
これも、マネージャーという立場で、責任を持って、自分で考えて仕事をしたことが大きいと思います。
日本でバンドとカフェ店員をやっていても絶対に気づけなかったことだと思います。(笑)
「自分に何ができるのか?答えは現場にあるんだ」
僕がお世話になったkisekiのオーナーの山田耕平さんの本のタイトルです。
まさに、この言葉の通り、自分に何ができるのかは、実際に自分で責任を持って、自分で考えて働いてみることでわかりました。
これは、ルワンダだからこそ経験できることであると思います。
是非みなさんも現場で自分に何ができるかを見つけて欲しいと思います。
2019年9月以降はまだ空きがあります。
こちらから応募できます!