【第2回】ルワンダでのお仕事 ~つっちーインターンブログ~

ご無沙汰しております。

つっちーです。

今回は僕がルワンダでどんな仕事をしているかを書いていこうと思います。

現在、僕はKisekiという日本食レストランで働いております。

(Kimihururaという街にあって、開けた景色が素晴らしいです。)

レストランといってもウェイターをやっているわけではないです。笑(渋谷で散々やってますし)

主に僕は会計の仕事をしています。

といっても仕訳帳や財務諸表をつくるわけではなく、

お金の出入りを管理する

というのが主な業務です。

出費があれば金庫からお金をだし、記録し、

売り上げがあれば金庫へお金をいれて記録。

簡単にできそうな仕事ですが、

数が数えれない、

数字が書き写せない、

エクセルなんてもってのほかの彼らにはこれが結構難しい。

そんな彼らでもこの仕事ができるような仕組みづくりが

僕のこのインターンでの目標です。

 

しかし、くじけそうになる出来事はいっぱいあります。

先日、新しく入った従業員の社会保険を申請

という仕事をしました。

まず、申請にはレターを書く必要があります。

もちろん紙媒体です。

そして、そのレターの内容を指定のドキュメントに記入し、

USBにいれて一緒に持っていきます。

さすがICT立国(笑)。

そこで、まず従業員の一人に頼んで、

新しく入った人の記入事項(名前、生年月日、出身地etc…)

を聞いて書いてもらいました。

んー、読めない!(笑)

 

 

さながら、復活の呪文を打つかのように(うったことないけど)

彼らの情報をレターに入力し、

USBにもいれていざ申請!

従業員のジョンに頼んで提出してきてもらいました。

 

そして数分後、、

ジョン「Problem…」

で、でた~~~~~~。

彼らの口癖であり、

魔の呪文たるProblem。

どうやら提出したものの通らなかった模様。

理由を聞いてみると、

「レターの内容を表にまとめろ」

ん?(笑)

「書いてある内容は問題ないの?」

「No problem。」

わろた。

なぜ、表でなくてはだめなのか、とか考えないんでしょうかねえ。。

改善しようという目的意識を持っていない。

良くも悪くも彼らは考えないです。

考えすぎない分鬱にはならないですが、いきあたりばったりで、学習をしません。

これも、そういうものだからそうしろということなのでしょう。

だったら、レターのフォームもそっちで作ってくれればいいのに。。

結局、その日は申請ができず、翌日表にして提出し、

税金の支払いもギリギリになってしまいました(笠井さんごめんなさい)

 

話をまとめますと、

ルワンダ人の仕事相手もまたルワンダ人なのです。

これは、滞在して仕事をする僕らだけでなく、

ルワンダ人もまた不便さを感じていると思います。

ゆえに、外部のことも踏まえたうえで内部統制をすることで、

彼らの助けになればいいなと思います。

そしてこんな経験は間違いなく、

ルワンダでしかできないことだなと思います。(笑)

そんな経験ができるインターンに興味のある方は是非こちらよりメールしてください。

2019年9月以降は空きがあります。